抜け毛のサインを見落とさないで!

7月 23, 2013 at 7:23 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

入浴しているとき、詰まった排水口を見て、ドキッとする方は多いと思います。
特にシャンプー後に、自分の抜け毛の量を再認識してしまったとき、老いを感じる方や無意識に父親・祖父などの髪の毛を思い出す方など、自分の髪に対して、漠然とした不安を感じる男性は少なくないはずです。
でも、そんなときは、あまり焦らずに、そこで少し立ち止まってみましょう。
抜け毛に対する対処は、冷静な観察と適切なケアが肝心です。

まずは、抜け毛の状態を調べてみて下さい。
薄毛対策の見極めには、ただ「抜け毛の量」に振り回されるのではなく、なぜその毛が抜けてしまったのかという理由こそが重要なのです。
シャンプーの際、ひとの髪は驚くほど抜けていきます。
個人差はありますが、1日当たり50~60本の髪の毛が抜けたとしても、基本的に正常な範囲と考えられています。
しかし、50~60本の髪の毛は、実際に見てみると、かなりの量です。
つまり、髪の毛の危険信号は、目視で見た「抜け毛の量」だけでは判断できないということなのです。

たとえば、髪のハリや太さなど、抜けた毛をよく見てみましょう。
髪の毛にハリがなく、若い頃と比べて著しく細くなったな、と感じたら、それは頭皮の環境が悪化していることが考えられます。
また、その抜け毛には毛根がきちんと付いていますか?
毛の先端に丸みを帯びた毛根がなく、端をブツっと切断されたような形の場合は、抜け毛ではなく切れ毛かもしれません。
そして、この切れ毛もあなたの髪の栄養状態が悪いことを知らせるひとつのサインなのです。

頭皮の環境は、シャンプーの仕方によっても大きく変わります。
日頃から、正しいシャンプー方法をきちんと身につけておくことで、抜け毛の予防にもつながるのですから、知っておいて損はないでしょう。
髪の毛は、あなたの見た目や印象を大きく左右する大切な要素です。
「抜け毛の状態」をチェックして、危険な抜け毛のサインにより早く気づくことができるようにしておきたいものです。

脱毛サロンの人気ランキング

正常な抜け毛と異常な抜け毛

7月 23, 2013 at 7:23 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

私たちの体は、常に新しい細胞を作り、古くなった細胞と取り替えることで、生命を維持しています。
食事をして、食物から栄養を摂取し、それをエネルギーに変えるという作業も、体にとって不要になった老廃物を排出するという作業も、すべてが「正常な細胞」を維持し、ひいては健康な体を維持する上で必要不可欠なものなのです。
そして、そのなかのひとつのサイクルとして、頭髪も絶えず生え変わるという新陳代謝を行っています。
つまり、あなたの抜け毛が「薄毛」につながる「異常な抜け毛」なのか、それとも正常な新陳代謝サイクルのうちで起こる「正常な抜け毛」なのかを知ることで、あなたのヘアケアの緊急性がある程度わかるのです。

あまり感じたことはないと思いますが、私たちの髪の毛にも「寿命」があります。
寿命を迎えた髪の毛は、自然に抜け毛となりますが、きちんとシャンプーされ、清潔に保たれた健康な毛穴であれば、3ヶ月前後の周期で再び髪の毛が生え、そしてその髪の毛が伸びていきます。
この3ヶ月間のタイムラグのことを休止期と呼び、そのサイクルのことを「ヘアサイクル」と呼びますが、このサイクルが一定に保たれているからこそ、私たちの髪は毎日抜けていても、一定の髪量を維持できるのです。

しかし、逆に言えば「一定のサイクルが保たれていない毛穴」が増えることで、髪の量は変動することになります。つまり、さまざまな要因で毛穴の休止期が乱れるほど、髪の量が減少し、薄毛になりやすくなるということなのです。

そこで、薄毛を防ぐには、「抜け毛を減らす」ということと同じくらい「休止期間を短くする」ということが重要になってきます。休止期を短くするには、刺激を与え、活性化させることが効果的です。
その際、育毛シャンプーなどを利用するのが効果的です。
とはいえ、育毛シャンプーをただ使えば良いというのではなく、正しいシャンプーの方法やあなたのヘアトラブルに適した商品を選ぶなどの努力も必要です。

正しいケアを心がけ、あなたの髪を守っていってほしいと思います。

髪の毛へ栄養を行き渡らせよう

7月 23, 2013 at 7:22 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

何気なく、普段の生活や入浴時シャンプーなどのあとに、自分の抜け毛を再確認することってありますよね。
人間ですから、ひとはみな必ず老いていきますし、老いれば自然と容貌も衰えていくものです。
年齢を重ねていけば、抜け毛ではなくても、朝の出勤前に鏡を見て「白髪が増えたな」とか、「額が広くなった」など、頭髪に関して、不安を感じることも増えてくるのではないでしょうか。

そんなとき、ふと考えるのはヘアケアのことです。
きちんと正しいシャンプーは出来ているか、髪質に合ったシャンプーや整髪料を使えているか。
抜け毛を意識することで、こういったことに関心を持ち始める方も多いと思います。

でも、みなさんは、「髪のための栄養」を積極的に摂取していますか?
髪の毛もあくまで私たちの体の一部ですから、私たちが日頃摂取した栄養をもとに、作られています。
ですから、「抜け毛」が気になった時に、「髪の毛を生やす努力」として、髪の毛の栄養を積極的に摂ることも必要なことなのです。

そこで、「髪の毛に良い食品」が何かをご存知ですか。
小さい頃から良く聞いた「ひじき」や「昆布」「わかめ」など海藻を思い浮かべる方も多いと思います。
でも実は、髪の毛の大部分は、アミノ酸を多く含んだタンパク質が主原料なのです。
つまり、海藻以上にタンパク質を意識することが必要になってきます。

また、髪の毛に栄養を確保する上で、「栄養素の摂取」以上に大切なことがあることをご存知でしょうか。
それは、「血流の確保」です。
ついつい忘れがちですが、髪の毛も、私たちの体のほかの部分と同じように、血液を通して、栄養を得ています。
要するに、頭皮の血流が悪くなると、髪の毛に十分な栄養が行き渡らず、栄養不足になってしまうのです。

そこで、それを阻止するのに有効な手段が頭皮マッサージです。
シャンプーの時、頭皮をソフトに揉んで、血流を改善したり、朝ベッドの上で頭皮マッサージをしてみるだけでも、あなたの頭皮の血流を劇的に改善させることができます。

髪の毛の栄養と、スムーズな血流を確保し、いまある頭髪を抜け毛から守ってみてはいかがでしょうか。

抜け毛・薄毛と食生活の関係

7月 23, 2013 at 7:21 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

抜け毛の増加や自分の薄毛が気になってきたとき、あなたならどうしますか?
自分の父親や祖父の薄毛を知っていたからと、覚悟を決めて髪を短くする人。
カツラやヘアピースを使ってみる人。
特になにもしないで過ごす人。
その反応や対応は、ひとそれぞれだと思います。
しかし、本音を言えば、「自分の髪の毛」が再びいきいきと生え揃うことを願っているはずです。

最近では、育毛や植毛専門の企業も多く現れてきました。
専門家によるカウンセリングやケア、正しいシャンプーの指導や独自に開発しているシャンプーや育毛剤によって、実際に自分の髪の毛を取り戻した方もいます。
費用を気にせずに、抜け毛ケアに専念できるなら、こういったサービスを頼ることも良いでしょう。
けれど、実際のところ、抜け毛ケアにかかる費用を気にしないでいられる方も、抜け毛ケアに専念できるだけの時間を持っている方も、非常に少ないのが現実です。

でも、まだ諦めるのは早いのです。
遺伝は、あくまで薄毛の誘因のひとつでしかありません。
そこで、まずは「負担が少なく始められるケア」から始めてみませんか?

例えば、食生活の見直しはいかがでしょう。
髪の毛は、当然、私たちの体が作り出しているものですから、栄養を必要としています。
だから、髪の毛の求めている栄養を積極的に与えてみましょう。
髪の毛の栄養となる上質のタンパク質を積極的に摂取し、抜け毛の要因となる脂肪・脂分の多い食事を控えるだけでも、髪の毛には良いのです。
特にタンパク質は、大豆に含まれるものが理想的で、豆腐や納豆などの食品をこまめに食べるようにしてみましょう。
また、もともと髪の毛に良いと言われている海藻は、多くのミネラルとビタミンを含んでおり、タンパク質と合わせて摂取することで、より髪の毛の生育に効果的となります。

また、普段のシャンプーの仕方を変えてみたり、抜け毛予防のシャンプーを使ってみることも、手軽に始められる良い抜け毛ケアです。
このように、ご自分にできることから、焦らず始めてみませんか?

ヘアケアの大切さ

7月 23, 2013 at 7:20 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

みなさん「ヘアケア」って、していますか?
「まだ薄毛じゃないから大丈夫」「髪の毛は抜けてもすぐ生えるから平気」と油断している方!
ヘアケアに「早すぎる」ことはないんですよ。
良い機会ですから、一度ご自分の髪の毛について、よく振り返ってみて下さい。

たとえば、最近の若い男性によくある「おしゃれな髪型」に関心の高い方。
毎月1回など、頻繁にパーマをしていませんか?
でも、このパーマは髪の毛、ひいては毛根・頭皮に大きな負担を与える行為です。
つまり、若いうちに調子に乗って髪の毛をいじりすぎると、年配になってから取り返しがつかないほどの薄毛や抜け毛に悩まされてしまうことにもなりかねません。
また、カラーリングについても、過剰に行えば毛根を痛める原因となります。
「若いから大丈夫」と思っていても、毛根に負ったダメージはそう簡単には癒えません。
自分の髪の毛と長く付き合いたいと思っているのなら、おしゃれだけでなく、抜け毛ケアにも敏感になってみましょう。

とはいえ、抜け毛ケアもただ「ケア商品を使えばいい」というものでもありません。
たとえば、使っていたシャンプーを抜け毛予防のシャンプーに変えることは、良いのですが、シャンプーの仕方にも気を使っていますか?
髪の毛をこすり合わせて洗ったり、シャンプー後の濡れたままの髪で眠ったりという行為は、返って髪や頭皮のダメージになってしまう危険な行為です。
シャンプーは髪の毛を洗うというより、頭皮を洗うことが重要ですから、そこを意識して下さい。

また、シャンプー後のトリートメントについても、効き目を気にして、トリートメント剤をたっぷりとつけすぎてしまうと、すすいだときにうまく落ちず、頭皮に付着したままになったり、毛穴を塞いでしまうため、毛根の活動に支障を与えてしまうこともあります。
トリートメントは適量を守り、決められた手順を確認して行うようにしましょう。

このように、ヘアケアは単純なようでいて、「きちんと行う」ことがなによりも大切です。
適切なシャンプー・適度なおしゃれを守って、抜け毛に負けない強い髪を作っていきましょう。

ヘアケアも「し過ぎない」ことが大事!

7月 23, 2013 at 7:20 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

年齢を重ねてくると、ドラッグストアやテレビ・通販などで頻繁に売られている「抜け毛予防」や「ヘアケア」の文字に敏感になってくることがあります。
でも、そういったときに何でもかんでも買ってしまったり、闇雲に抜け毛対策を行ってしまうことは、とても危険なことです。

ことわざに「過ぎたるは猶及ばざるが如し」といいますが、それはヘアケアも同じなのです。
例えばシャンプーのとき。
頭皮を清潔にしないと、抜け毛が増えると聞いたことがある方は多いと思いますが、「頭皮の洗い方」も重要だということを知っている方は意外と少ないようです。
抜け毛を心配して、汚れや毛穴に詰まった皮脂を落としたいと思うあまり、ついついゴシゴシと髪を洗ったりしていませんか?
しかし、このシャンプーの仕方では、返って頭皮を傷つけてしまい、薄毛を促進してしまう恐れがあります。
シャンプーの時は、きめ細やかなシャンプーの泡を使って、できるだけソフトに頭皮をマッサージするくらいの気持ちで行いましょう。

また、ヘアケア商品についても、焦りは禁物です。
購入して使ってみたけれど、抜け毛が減らない、髪が生えないと1ヶ月で使用をやめた経験はありませんか。
実は多くのヘアケア商品は、効果が出るのに半年程度はかかるものが一般的です。
つまり、結果を急ぎすぎてしまうと、相性の良いヘアケアまで見落としてしまうことにつながってしまいます。

さらに、整髪料やトニックなどで、爽快感のあるスーっとするようなものを多用している方はいませんか。
商品の謳い文句に、「皮脂を抑える」という効果があるものは特に注意が必要です。
こういったトニックには、多くの場合アルコールが主成分で使用されているのですが、アルコールの強い刺激は、頭皮を痛める原因になってしまうのです。

このように、抜け毛ケアに気を使っているつもりでも、返ってダメージを与えてしまっていては、本末転倒ですよね。
今一度、ご自分のケアが正しいのかをしっかり確認してみてはいかがでしょうか。

ストレスと抜け毛

7月 23, 2013 at 7:17 PM • Posted in 未分類コメントは受け付けていません。

男性にとっても、女性にとっても、髪の毛は大切なものです。
若い頃は当たり前のように生え、伸びていくのが当然ですから、髪が伸びることを面倒に感じることもあるかもしれません。
しかし、年齢を重ね、髪が細くなっていき、だんだんと白髪が増え、そして髪のボリュームそのものが少なくなってきた時になって、はじめて髪の大切さを実感するのではないでしょうか。

例えば、シャンプーの時、髪を触ってみるとハリやコシが弱くなったことに気づくかもしれません。
そして、日々の身だしなみで、ふと鏡の中の自分を見たとき、ついつい目が行ってしまう「額と髪の生え際」。
若い頃はもっとフサフサしていたのに、もっと黒々として太い髪質だったのに、と感じ悩む方も多いと思います。
けれど、この「悩む」という気持ちも、度が過ぎればストレスとなって、あなた自身を苛んでしまうきっかけになりかねません。
悩むことで、より抜け毛に拍車がかかることもあります。
こういったことを防ぐためにも「髪が薄くなったな」「抜け毛が増えたな」と気づいたときに、申告になりすぎず、まずは自分にできるヘアケアを見つけて、始めていくという前向きなアクティブさが、抜け毛ケアには大切なことなのです。

「自分にできるヘアケア」と考えたとき、何が浮かぶでしょうか。
育毛トニック、頭皮マッサージなど、方法は様々です。
また最初から、育毛専門企業のサービスに行くには、敷居が高いと感じる方も多いと思います。
そこで、オススメなのは、いま使っているシャンプーを「抜け毛ケア専用のシャンプー」に変えてみることです。
髪を洗うということは、薄毛を気にする前から常に行ってきた行為ですから、ただシャンプーを変えるだけであれば、「新しい習慣」を持つよりも、負担が少なく始めることができますよね。
シャンプーを変えてみて、もう少し余裕がありそうなら、シャンプーの方法も試行錯誤を取り入れてみる。
そして、更に余裕があるなら頭皮マッサージを始めてみるというように、少しずつ前へ進みましょう。

気持ちを楽にして、少しずつでも前へ進む。
それが、抜け毛対策の一番有効な手立てなのです。